RECRUIT 採用情報

いつでも試合に出れる

カタログづくりや、フェアーの施策などの販促企画を行っています。企画の仕事は、私が想像していた以上に、アイデアも責任感も求められる仕事でした。世間一般的に、華やかに見られがちな企画の仕事ですが、フェイスネットワークではあくまでもお客様と接する営業部隊、設計部隊が主役。企画はそれを裏方から支えるサポート役です。試合に挑むレギュラー選手ではないけれど、ベンチにいる私たちはいつでも試合に出れるコンディションを整えておく必要があります。だから、企画の私たちも現場に出ます。お客様はどういうニーズを持っているか、自分で作った広告の見え方はどうか。お客様やスタッフの率直な意見が、次の企画に必要不可欠ですから。そうやって、自分がつくったもので実際に効果が出たり、反応がよかったときが、いちばん嬉しいです。

仕事は失敗か成功しかない​

仕事は失敗か成功しかない。失敗を失敗で終わらせないために、その失敗から学んだら2度目はないもの。それくらい自分には厳しくいたいです。私が特に悔しいのは人のために作ったものが、人の手に渡らないこと。作ったものをまずは世に出すために、時にはメンバーとぶつかり合いながらでもやります。企画部の仲間は全員が芸大出身者。いい意味でアクが強いから、バランスが大切。なんといってもチームワークが全てですから。ライバルでもあり、ものづくりを通して人に感動を与える同士です。不動産業界では社内にクリエティブな部署があることって珍しいと思います。他部署の視点、お客様の視点をよりリアルに体言化できるスタイルはフェイスネットワークの魅力です。ただの不動産会社ではないですよ!お互いに刺激し合える新たなライバルを求めています!私にチャレンジしてきてください

他のインタビュー記事