RECRUIT 採用情報

矢野宗杜
PROFILE

矢野宗杜

2016 年入社
出身大学…日本大学経済学部産業経営学科
好きな動物…猫
最近はまっていること…プロレス観戦

Q.フェイスネットワークに入社した決め手は何ですか?

根拠なき自信を持てという言葉に感化され

学生生活の中で「やりたいこと」を見つけたいと思っていましたが、なかなか見つけられず…就職活動では業界を絞らずに広い視野で将来やりたいことを探しながら始めましたがイマイチ「ピンッ」とくるものがありませんでした。大学の講義の中で不動産の話を聞いたことがあるという、なんとなくの気持ちで不動産会社を何社か見ることにしました。フェイスネットワークもその中の一社です。しかし、実際に説明会に参加してみると、今どんどん伸びているエネルギッシュな会社という印象。さらに社長の「根拠なき自信を持て」という言葉が心に響いたのを覚えています。色々な企業を見てきましたが、そんな力強いメッセージを言ってくださる社長を見たのは初めてでした。どこに行っても「社会人の自覚が…」や「失敗したら…」という話ばかりだったので、驚きと同時にパワーを貰いました。その言葉が心に残ったのが、フェイスネットワークに入社を決めた理由の一つです。

未知のジャンルにチャレンジしたい

実は私、最初は営業部志望でした。大学でリスクマネージメントの講義があり、それこそ資産運用や不動産投資の話も多く聞きました。学部では不動産関係の営業に行った人が多いので、フワフワした気持ちで営業部を志望していました。何社か営業の内定も頂いていましたし、その中には投資不動産を扱う会社もありました。しかし、自分が毎日ピシッとしたスーツを着て営業しているというイメージが全然湧かないというのが本音。そのうち「これでいいのか?」と思うようになってきました。そんな中、フェイスネットワークで面接をしたときに、採用担当の方から「施工管理向いていると思うよ」という言葉を頂きました。そんなことを言ってくれる会社は初めてです。私は建築関係の知識は何も持っていませんが、「それでもいいからやってみないか?」と言ってくれました。正直、不安でいっぱいでしたが、「未知のジャンルに飛び込んでみたい」というチャレンジ精神と「達成感が得られるのではないか」という期待に胸を弾ませて、現場の仕事についてみようと決心しました。

Q.フェイスネットワークに入社してみてどうですか?

仕事終わりのビールが美味しいと感じるようになりました

現場に着く前はワクワクした気持ちはありましたが、正直なところ不安がほとんどでした。何の知識も持っていない私がマンションを一棟丸々建設するなんて、イメージが湧かなかったのです。しかし、フェイスネットワークで現場についている人みんなが言います。「この仕事は地図に残る仕事だ」と。そう聞いたとき想像もできないような大きな達成感が得られると確信しました。実際に、現場の仕事は毎日が覚えることだらけです。同時に責任も重いです。いくら現場が初めてとは言え監督の立場なので適当な発言はできません。まだ、初めて着いた現場なのでやる事全てが新鮮ですが、きっと自分が担当した完成物件を見たとき、感じたことのない大きな感動が得られると思います。それに最近は学生のときに苦いと思っていたビールが、仕事終わりに飲むと凄く美味しく感じるようになりました。大変と思いながらも、この仕事に充実感が得られているからだと思います。

コミュニケーションを大切に

現場に着くのは初めてで何も分かりませんが、監督という立場上ベテランの職人さんに指示を出さなくてはならない時があります。私も言いづらいというのが本音ですし、職人さんも新人の私に指示されるのは違和感があるのではないかと思ってしまいます。そこで、私は現場ではコミュニケーションを大切にしています。私から積極的に話すことで、職人さんも話しやすくなりますし私自身も成長できると思います。職人さんとは違う現場でまたお会いするかもしれませんので、ご縁を大切に接していきたいです。それに、今は学ぶことが山ほどあります。先輩も職人さんも、とにかく早く仕事を覚えて次に繋げられるようにと、優しく丁寧に多くのことを教えてくれます。そういった人たちから吸収できるものは吸収して頑張っていく意気込みです。

Q.これからの目標や夢を教えてください!

いつか任されるように

初めて現場を見たとき、私はそれまでは2次元の図面でしか現場を把握していなかったので、そのダイナミックさに圧倒されました。その時、程よい緊張感が体から溢れ、どんどんモチベーションが上がっていったのを覚えています。現場で働いている限りはその瞬間を忘れずに仕事と向き合っていこうと決心しました。いつも先輩を見ていると、指示も的確で、なにより職人さんからの信頼も厚いです。先輩の背中を見ていつもカッコイイと思っています。そんな尊敬できる先輩の下でお仕事しているので、貴重な経験をさせて頂いていると思っています。いつか、そんな先輩のように一人で現場を任されるような現場監督になりたいと思います。

信頼される現場監督に

きっと初めて現場に入る人は、今の自分のように覚える事だらけで戸惑うことも多く、大変な思いをすることがあるかもしれません。そんな時に、新卒で入社した私は分かってあげられる存在だと思うので相談に乗って支えてあげたいと思っています。現場の仕事は、一日だけでも目まぐるしく進みます。こんなに一日で進んでいくのだと目の前にしたときに感動します。そうして働いていく中で、楽しめるポイントが見つかると思います。今は、至れり尽くせりで先輩に支えて頂いていますが、ゆくゆくは「フェイスの稼ぎ頭」と言われるような信頼の厚い現場監督になることが目標です。そのために、きっちりとやる事を終わらす、自分で一度頭の中で考える、すぐ覚え同じことは二度聞かない等、基本的なことを徹底し、資格所得も目指しながら一人前になりたいと思います。

目標
就活中の学生への「ひとこと」

どんな仕事も続けるのは大変なことです。広い視野を持って、楽しいポイントを見つけて下さい。

 

先輩社員からのエール

建設現場監督という仕事の醍醐味は「まっさらな土地から建てた物件が地図に一生残る」という達成感。その中で、失敗を恐れずに、貪欲に柔軟に学んで下さい。失敗から学び、そこから成功の種を拾うのです。そして、どんな事でも3ヶ月やり続けてください。そうすれば諦めた人より確実に成長しているに違いないでしょう。その積み重ねが3年後に大きな差として現れます。

若いうちにどんどんチャレンジしようと思います。先輩に下に就いている間に沢山失敗を重ねながら成長しようと思います。石毛さんは仕事を楽しめといつも言って下さいます。考え方を柔軟にもって、これからの仕事に臨みたいと思います。