ABOUT US フェイスネットワークとは

新築一棟不動産投資で私たちが選ばれる理由

投資事業の中でミドルリスク・ミドルリターンと言われる不動産投資事業……。新築なのか、中古なのか。地域はどこを選ぶのか。数多くの選択肢があります。千代田区、中央区、港区といった「都心3区」と呼ばれる地域は都内でも特に密集地域となっており、初期投資に莫大な費用がかかるだけでなく土地価格の変動が激しくリスクが高まります。反対に費用を抑えた中古分譲マンションでは、経年劣化を原因とする修繕費用が頻繁に発生したり、地方でのアパート経営では賃貸需要の低下による家賃の調整等が必要になってきます。私たちは、問題を一つひとつ整理し紐解いていくことで最適な不動産投資事業を数多く成功へ導いてきました。

城南3区エリア

最も得意とする城南3区エリア

 

23区を城北や城東といった、東西南北で区切って表現することが多いのですが、その中で城南エリアとして分類されるのが、品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・港区と言われています。
「城南」とは城の南、つまり江戸城(現在の皇居)の南側のエリアを指します。これらの地域は城下町ということもあってか、都心と密接しているにもかかわらず緑が多く、住みたい街として安定した人気があり、土地価格が下がりにくいという特徴があります。


フェイスネットワークでは、中長期での不動産投資運用を踏まえ城南エリアからさ厳選した世田谷区・目黒区・渋谷区を「城南3区」と名付け、黎明期から現在に至るまで数多くの実績を持つ、最も得意なプロジェクトエリアとしています。

詳しく見る
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

新築一棟不動産投資を勧める理由

見つからないものを探す時間はない

 

中長期で安定した不動産経営に適した城南3区といっても、その中から個人で条件のいい物件を見つけようとすると、投資可能な物件に出会える確率は非常に低く困難を極めます。それは、各業者が非公開の情報を所有していて、高条件の用地や物件は一般公開される前に、銀行や業者間で取引が終了してしまうから。高利回りの中古物件を探している間に「気がつけば 10ヶ月経ってしまった」という相談も実際にありました。その期間があれば更地の状態でも新築のマンションが建ち、不動産投資を開始できてしまうのです。過ぎた時間は帰ってきません。


フェイスネットワークには、一貫して新築一棟マンション投資にこだわり続けてきた熱意と経験値があります。一般的に懸念材料として話題にあがるような狭小地や変形地にもこれまでのノウハウを活かして投資型新築一棟マンションに適したプランニングを約束します。

詳しく見る

ワンストップサービス

全ての行程にプロフェッショナルを

 

不動産投資と一口に言っても、実際に事業を始めてからマンション経営がスタートするまでには、様々な手続きや決断に迫られます。その時に必要なことは、あらゆるプロセスを完璧、かつワンストップでサポートでき、さらに融資調達のノウハウもある事業パートナーを持つことです。


私たちは、土地の仕入れ・設計・建設・賃貸募集・物件管理・物件売却、さらには税金対策に至るまで、全てを一括して管理するワンストップサービスを提案しています。これは、 全体を管理・連携して事業をスピーディーに一括して進めることで、業者間で発生する中間コストや工期の短縮など、費用のかさむ新築一棟での不動産投資事業にとって、さまざまなメリットを生み出す「最大の武器」となります。

詳しく見る

投資型マンションの実績

中長期の安定した新築一棟経営を実現するために、都心での不動産投資に特化した高品質なマンション実例集をご紹介します

不動産実績
詳しく見る

フェイスネットワークブランド

GranDuo /グランデュオ

GranDuo /グランデュオ​

「GranDuo」はRC(鉄筋コンクリート)造をメインとし、無機質でスタイリッシュなデザインと優れた耐震性、セキュリティを実現した今の時代に求められる品質を追究した一棟不動産投資用のマンションです。オーナー、住人はもちろん「GranDuo」に関わるすべての人の生活を豊かにすることを目的としています。

特設サイトへ
KiKURAS /キクラス

KiKURAS /キクラス​

積み木をイメージした「KiKURAS」のロゴマーク。積み木は「人」が触ってはじめて形を作ります。「人」の手で家が建てられ、よい住環境にしていくのもそこに住まう「人」。暮らしの中で同じ空間を木と人が共有し、豊かな作り上げていく住環境を提案します。

特設サイトへ